あぶと日和

あぶと日和 >  本館  > あぶと(阿伏兎)観音って?×パワースポット(月見堂)?×ライトアップ! 

あぶと(阿伏兎)観音って?×パワースポット(月見堂)?×ライトアップ! 

カテゴリー : 本館    2011年2月 9日 18:36

 さて、当旅館の名前にもなっています、「阿伏兎(あぶと)」の名は古くから伝わるこの地の名前より由来しており、この地のシンボルが「阿伏兎(あぶと)の観音様」です。
正式名所、「磐台寺観音堂(国重要有形文化財)」と言いおよそ、1000年前の正暦3年(992年)頃に花山法皇により創建され、海上交通の安全を祈願する観音様が祀られています。現在の御堂は、1570年に毛利輝元が堂を建立したもので岬の岩頭に建つ朱塗りの観音堂は、その美しさから安藤広重(歌川広重)の浮世絵や志賀直哉の「暗夜行路」などにも紹介されており、今も瀬戸内の自然と調和した見事な景色をつくり出しています。また、別説では、磐台寺はもともと修行寺であり、観音堂は月見堂(月のパワーを受け集める神聖な場所)として神聖な場所だったみたいです。そういった事から、縁結びや安産・子授け・子育ての観音様として大変有名で堂内にはお乳の絵馬が沢山奉納されており、特に女性の方に信仰を集めています。
abuto_kannnonn.jpg
abuto.ukiyoe2.jpg
oppai.jpg