あぶと日和

あぶと日和 >  本館  > 浮世絵発見!!

浮世絵発見!!

カテゴリー : 本館    2010年2月17日 19:45

先日、お客様より「あぶと(阿伏兎)」の地名の由来をお尋ねされ、今回詳しく調べてみました。

阿伏兎、鞆の浦は、瀬戸内海の中間地点と言うこともあり、古くから、潮待ちの宿場町(港)として栄えていたので、諸大名や旅人など多くの人々が訪れていたそうです。そんな中、当時朝鮮との交流使節団(朝鮮通信使)が、あぶと岬を上から見ると{兎(ウサギ)が伏せているように見える}ということから、阿→漢詩で「あ?!」 伏→「伏せる」 兎→「兎(ウサギ)」という事からみたいです。ちょっと(阿)がこじ付けのような気もしますが・・・・・(笑) 

いろいろ調べているうちに、面白い事が沢山解ってきました☆

その一つ、なんと「あぶと観音」の浮世絵を発見!画像をアップします。

次回も、「あぶと」の歴史ロマンを発信します。お楽しみに!

abuto.ukiyoe2.jpg